女性の薄毛に付け込む人

今回は女性の薄毛についての話です。

女性は薄毛になると言っても、髪がなくなってしまうことはありません。男性から見ると「女性は薄毛って言っても髪がなくなってしまうことはないからいいじゃないか!」と思うかも知れません。

ですが、女性はやはりいつまでも綺麗でいたいもの。
髪にボリュームがあるのとないのとでは、やはり一目で見た目が変わって来ますからね!
特に、着物を着る人なんかは髪にボリュームが無いと綺麗に決まりません。

お金のある年配、未亡人の人なんかがカツラ屋さんなんかに電話してしまうと大変なことになります。若い、孫のようなイケメンがホストのように
「説明だけでもさせてください!」
とやってきます。実際に来てもらうと、説明だけでは済まないのは火を見るよりも明らかなのですが。。。

とはいえ、普段若い男の子に優しく話を聴いてもらうこともなければ、男の子と話すこともない年配の女性は『じゃあトップの部分だけのカツラだけ作ろうかな・・・』と思うことも少なくありません。

そしてそこ言葉を聞くとすかさず頭のサイズを丁寧に測りだし、挙句の果てには『これだけじゃ綺麗に決まりません』とどんどんカツラの部分が多くなり、結果50万円ぐらいの出費になったりします。

さらには一度作ってしまったら、今度は夏用。そして冬用と追加を勧めてきて、強く断れない人はその上、定期的にお店に行ってクレンジングシャンプーやヘッドスパのチケットを買わされしまいには車が買えるほどつぎ込んでしまっていた、ということも・・・。

これらのお店に終わりはありませんからね。

いえ、終わりはあります。終わりがあるのはその人がもうお金を出せなくなった時です。それまでは、『2年経てば買い換えないと・・・』とずっとやって来ます。

そんな経験をしたお客さんがいたのです。。。

始めの頃に話を聞いた時点で、そこまでしなくても3万も出せば売っていますと言ったのですが、弱みに漬け込まれたのかそのカツラのスタッフが良かったのかは解りません。

さすがにしばらく経ってからは自分でも無意味なことに気付いて、セールスを強く断っていました。

弱みに付け込んで商売をする人はどこでもおり、髪を大切に考えている女性の薄毛の弱みに付け込むのもその一人です。

もちろんカツラよりも、自分の毛が生えて来る方が安いし嬉しいですよね!
女性も更年期などではホルモンの影響で女性でも抜け毛が多くなります。しかし、生活習慣と頭皮ケアのシャンプーを使うことで現状維持を試みることも無駄ではないはずです。