植毛にかかる維持費はどのぐらいかかる?

植毛にかかる費用はそこそこ高額になる場合がほとんどですが、その維持のためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?

初期の費用以外にも状態を維持をするのに多くの費用が掛かるとすると、植毛の施術を受けたことでかえって後悔するかもしれません。

今、行われている植毛は、自分の毛を頭皮に植える自毛植毛が主流ですから、こちらについていうと、結論だけ先に述べさせていただければ、維持費はこれといってかかりません。0円に等しいです。

というのも、自毛植毛の場合は、自然に生えてきた毛を植えるので、植毛をすると、その後も毛は成長し続けます。
だから、1度植毛をすると、普通の人と髪の毛の生え方は特に変わらないために、
以降は普通の人と同じように生活していくため、植毛に関する維持費は特にかからないとなります。

だから、維持費について強いていえば、植毛した部分の髪が伸びてくるために散髪や美容院にいかなければなりませんから、その分の費用は掛かることになります。ただこれは、『ウレシイ費用』と言ってもよいかもしれませんね。

さて、植毛以外の手段についてみてみましょう。例えばカツラや発毛剤を使用する場合には、カツラに関するメンテナンスの費用が定期的にかかったり、発毛剤を定期的に飲み続けるための購入費がかかったりと、初期費用だけではなく、以降も一定周期でお金が必要です。

その点、植毛は初期費用さえかければ、後は特に費用は発生しませんから、そこは優れている点の1つになると思います。

人工植毛の場合は、1度植毛をしてもそれがいつか抜け落ちてしまう可能性もあります。
つまり、1度高額な費用を払って植毛をしても、また同じく高額な費用を払わないといけない可能性もあり、
一定周期で、数十万円から100万円以上を払わないといけないなど、金銭的負担も大きく、あまりオススメできません。

今の主流はやはり自毛植毛で、こちらの方がお金の面もそうですが、より自然な髪の毛として長期間定着しやすいという点も含めて、
トータルで見ても、優れた植毛の手法になると思いますから、今後植毛をお考えの方は、機能性、費用面ともに見たときには自毛植毛を選択しましょう。