植毛をしたときに傷跡はどの程度残るのかが気になる場合

薄毛が気になる、薄毛を改善したい!と思ったときに、どういう手段を考えているでしょうか?
育毛を選択する人が多いのかな?と思いますが、育毛が成功したかどうかが分かるには数か月単位かかり、なおかつ成功する確率もそれほど高いものではありません。いくつかの方法を試すうちに1年や2年経ってしまうことも珍しくありません。

そこで、確実性のある方法として挙がってくるのが増毛や植毛です。

ただ、植毛に関しては、手術をした後に跡がどれくらい残るのか?というのは気になるのではないでしょうか?植毛をした後が目立ってしまう場合には、やはり植毛はちょっと躊躇してしまうという方もいると思うのです。

傷跡がどれくらい残るか?というのは個人差がありますが、一般的にには数ミリの傷が横に沿って残ります。
自毛植毛が一般的だと思うのですが、この場合には髪の毛の生えている皮膚ごと切り取って、
それを薄毛の場所に縫い付けていく方法になりますから、どちらかというと、髪の毛を採取した場所に傷跡が残ります。

これは植毛をした直後は、多少目立つかもしれませんが、時間が経つとだんだん薄くなっていき、目立たなくなります。
ただ、完全に消えることはないので、よーく見ると傷は多分見えると思いますが、普通にしていれば誰も何とも思わないでしょう。
髪の毛が生えていればまず気付かれることもないでしょうし、自分からは見えない場所になるので、
鏡などでも見えづらいでしょうから、自分で気になるということもないかと思います。

ただ、傷跡の残り具合や、時間経過後の傷の治癒具合というのは、植毛を行うクリニックの技術次第です。
人間が行うものですから、技術には差がありますし、傷跡についても恐らく差が出てきてしまうと思うのです。
したがって、植毛を行う際には、その効果の程も合わせて、どこで受けるか?というのは慎重に考えなければなりません。これまでの実績や実際に植毛を受けた方の体験談が参考になります。

そして最も参考にしてほしいのが、説明を受けたときのクリニックの雰囲気と説明をする担当者の雰囲気です。クリニックの雰囲気が暗かったり、あるいは説明をなおざりにするようなクリニックは危ないのは言うまでもないですからね。

最後に頼りになるのは自分の目と耳などの感覚です。これらを参考にしてクリニックを選ぶことをお勧めします。