植毛にかかる費用について

薄毛で悩んでいる場合、植毛を行うという選択肢も最近は徐々に広がりつつあります。

薄毛の対策として植毛を選ぶメリットは確実性だと言えます。植毛というのは、育毛やカツラに比べて、現状ではそこまで主流の方法ではないものの、植毛によってほぼ確実に薄毛を解消することができるというメリットがあります。カツラは人工物なのでさておき、育毛の場合、実際に髪が生えてくるかどうかは、やってみなければ分かりません。そしてそれは、数カ月〜数年のスパンで治療を行うことになります。
一方、植毛の場合は、その特質上、ほとんどの場合で狙った部位にちゃんと髪が生えてきます。

ただ、植毛に踏み切れない理由の1つには費用の問題があるのではないでしょうか。植毛をするにあたり費用がどれくらいかかるのか?高いのではないか?と、疑問に思っている人も少なからずいるのではないでしょうか。

植毛にかかる費用というのは、ケースバイケースでかなり異なります。まず、単純に植毛を行う範囲によって価格は比例的に変わります。また、施術の方法によっても基礎的な価格は変わります。最近では、ロボットを用いてグラフトを採取する方式もありますが、その場合は、人が1株1株グラフトを採取するよりも価格は下がります。

ここは、自分がどのぐらいの範囲の植毛を希望するのかということによって変わりますし、当然植毛を行うクリニックによって手術費用も異なります。ここは事前に医師に詳しく話を聞く必要があります。植毛に関しては、まずは無料もしくは少額にてカウンセリングを行うクリニックがほとんどですから、気になる場合は、実際にクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

植毛にかかる費用は単純に言うと次の計算式となります。

(基礎費用)+(グラフト単価)×(株数)

とはいえ、その計算の詳細はクリニックによって違っています。植毛の単位はグラフトと呼ばれる株のようなものが1単位となりますが、1グラフトで何本の毛が含まれるのかも異なります。手術の基礎費用も様々です。そのため、クリニックによって計算の仕方に違いが出て、それによって結果かかる費用も変わってくるのです。

薄毛の広がり具合やどんな施術を受けるかによって、植毛にかかる費用は違うために、一概にいくらとは言いづらいですが、あえて概算を挙げてみると、目安としては、薄毛の初期の時点で植毛をする場合には、だいたい50万円前後くらいかかる方が多いです。ただ、かなり薄毛が進行してしまった場合には150万円近くかかる場合もあります。

結構費用にも差が出てきてしまうのですね。。。

ただ1つ言えることは、薄毛が進んでしまってから『安さ優先』で広範囲の植毛を考えるよりも、薄毛があまり進んでいない状態で、安心できる植毛クリニックに行った方が、結果的にかかるコストは安く済みます。

この料金を見ると、非常に高額かと思われますけど、育毛をするにあたっても、長期にわたってサロンに通うときにはお金はかかってしまうわけですし、高額な薬剤を使えばそれだけ出費はかさみます。
結果、きちんと髪の毛が生えてくるか?は分かりませんから、多額のお金をかけても効果がない可能性もあります。

その点、植毛は費用は一時金で考えるとかなり高いかもしれませんが、確実に自分の髪の毛が手に入るということ、長期的なケアに対しては費用は余りかからないという利点があります。確実性で選ぶか?一時的な費用の大きさで選ぶか?の違いになるでしょう。