植毛とは

植毛とは、『毛を植える』と書きますが、髪の毛が生えている部位を髪が薄くなってしまった部位へ移植することです。

毛が薄くなった場合、頭の髪すべてが薄くなることはまれで、頭の一部分だけが薄くなります。どこが薄くなるのかは人それぞれです。頭頂部の方、前頭部の方、そして前から見てM字型に薄くなる方など・・・

傍から見れば、毛が薄くなっているのは一部だけでしょ、と思うかもしれませんが、当の本人にとってみれば大きな問題です。薄毛が気になって消極的になるなど、生活の質に影響が影響がでるならそれは大きな問題です。

そこまで行かなくても、「もっと髪がしっかりしていれば積極的になれるのに…」と思うことはよくあるでしょう。

また最近は、女性の社会進出に伴って薄毛に悩む女性も増えてきています。ストレスや睡眠不足、不規則な生活から薄毛になることもしばしばです。そのため、男女問わず薄毛対策について興味を持つ人が増えてきています。

その際、薄毛対策としてよく用いられるAGA治療がありますが、通常のAGA治療の場合、効果が出てくるまで辛抱強く治療を行う必要があります。「もっと即効性のある治療方法はないか?」と考えた場合に、「髪が多い部分から髪を分け出して、薄い部分に持ってくれば良い」という考えのもと、後頭部や側頭部などの髪の多い部位から髪の薄い部位に髪の毛を移植するが植毛です。

もちろん、一般の素人が自分の髪を抜いて移植することは不可能ですので、医療の技術を用いてキッチリ移植します。ざっくりいえば、髪が生えている毛根の株(これをグラフトと言います)を取り出し、髪が薄い部分に移植する作業です。人の身体に直接的な操作を加えますので、医師による作業となります。

そういうことから、植毛は『手術』の1つであり身体にメスを入れる行為です。

身体にメスを入れるものですから、どんな医師にお願いしたいか、どこで植毛を受けるかを考える場合に、単に値段だけで選べるものではないということが理解できると思います。「信頼できる先生に」「安心できる高いスキルを持った医師に」手術をしてほしいのは言うまでもありません。もちろん、植毛手術を行うクリニックである以上、医師は十分なスキルは持っているのは当然です。ただ、それぞれのクリニックや医師によって手術についての考え方や進め方は異なります。残念ながら、医師との相性や施術方法の合う合わないは出てくるものです。

そして最後は「自分が信頼できるかどうか」が重要になります。植毛を考えるにあたっては、これを忘れず安心できるクリニックを選ぶことが大切です。